ISO-Managerクラウドタイプ ISO-Managerクラウドタイプ
こんなお客様におすすめ
ISO-Managerなら問題課題を解決します!
お使いのブラウザとメール、そしてWordやExcel、PDF(スキャン分含む)、既存の文書を活用した「文書の申請、承認」「文書一覧の絞り込み」「関連文書の紐づけ」「関係者への周知徹底」の実現 ISO-Manegerの機能構成 ISO-Manegerの主な機能
文書検索が楽々

文書検索が楽々!

文書やファイルを探すときは、キーワード検索・項目検索でらくらく検索ができます。
サーバーやパソコンの標準の検索と比べても、非常にスピーディで、細やかなレベルまでの検索が行えます。
関連文書がすぐわかる

関連文書がすぐわかる

一つの文書の対して、上位文書、下位文書といった関連文書、また関連するファイルなどは、それぞれお互いにリンクすることができますので、すぐに閲覧できます。閲覧文書を探し直すという無駄がなくなります。
関連文書がすぐわかる
過去版も即閲覧

過去版も即閲覧

版数管理も行えますので、現在の文書に対し、過去版を参照することもできます。
もちろん、誤使用を防ぐため、管理者以外は常に最新版のみが閲覧できる設定も可能です。
ISO-Managerの画面イメージ
文書の新規申請画面

新規申請を行う場合、10名までの承認ルートにて該当のファイルをアップロードし、申請を行うことができます。

新規申請のフロー

新規申請については申請したい文書を、①パソコン上からファイル選択 ②プルダウンで承認ルートを選択 ③申請ボタンをクリックすることで申請メールが送信されます。


承認フロー

承認操作については届いた申請メールから、①URLをクリック、または受信一覧から選択 ②申請内容確認 ③「承認」「却下」をクリックすることで承認者、時間、承認内容が登録されます。


承認後の文書登録

すべての承認者が承認完了後、必要情報を入力することで文書登録が完了します。これにより、各社員が文書閲覧できる環境になります。また、その際に文書回覧として配布先・通知先を設定することも可能です。


上位文書、下位文書、外部ファイル添付

各文書にはお互いに、「上位文書」「下位文書」「外部ファイル」を登録することができます。これによりワンクリックで関係する文書に対し、相互アクセスできる環境をご提供します。


閲覧画面(文書一覧の閲覧)

閲覧画面については文書一覧にマウスを合わせるとWord(青枠表示)、Excel(緑枠表示)、PowerPoint(赤枠表示)で色分け表示されます。また、PDF、画像ファイル、テキストファイルはサムネイルで表示された該当箇所を開かずに、内容を確認することができます。


文書の詳細画面

文書閲覧画面は、左側に「関連文書一覧」「文書情報の表示ボタン」、右側に「文書ファイル本体」表示されます。


文書の詳細画面

上位文書、下位文書はワンクリックで移動可能です。

ISO-Managerの特徴

Internat Explorer、MIcrosoft Edge、Google Chrome などの各主要ブラウザでの運用が可能。
外部からのセキュアな環境で対応。外部からの申請、承認作業も可能。
操作性は従来と同じく、利用しやすい機能設計であり、今までご活用いただいているお客様も安心してご利用可能。

必要な環境
料金プラン
基本サービス(月額)費用
オプション費用
初期費用
お問い合わせ・資料請求はお気軽に
生産管理なら、20年以上のノウハウを持つ弊社にお任せください

弊社は、20年以上の開発と運用のノウハウを蓄積しており、多業界への実績が多数ございます。
資料請求も無料で承っておりますので、お気軽にお申し付けください。


資料請求(無料)はこちら


FAXでのお問い合わせは 06-6943-4047


日新情報システム株式会社
お電話のご相談・お問い合わせ
ページ上部へ
© 2020 NISSIN INFORMATION SYSTEM CO.