馳せ参じ

様々な業種で利用できるモバイルコミュニケーションシステム

現場と本部の連携はこれ一本で即完了!
複数人による画面共有、相互間連携により、貴社の現場状況の即時把握、トラブルの即時解決に貢献できます。

基本仕様

ビデオ通話で情報共有

全員が撮影した写真に描画しながら対応することが可能。
工事現場などといった、周辺が騒がしい場所でも、最大6名全員が画面に文字、矢印などを描きこむことで“音声が伝わりにくい、言葉だけではわかりにくい部分も視覚的に”情報の相互伝達を行うことができます。

最大6人まで通信可能

最大で六名まで一斉発信・受信が可能。
複数名に発信することで最大で六名まで一斉発信・受信が可能。複数名に発信することでサポートが必要な時に“電話が繋がらない”“何度も電話をかけ直さないといけない”などの手間から解放されます。

動画、写真、描画の相互間連携

・すべてのデバイス、OSに対応可能
・保守現場の故障箇所
・作業現場の状況
を視覚的に確認することができます。
マルチデバイス対応

ご活用シーン

鉄道会社

活用シーン01
​日本のビジネスマンの必要不可欠な足となっている鉄道業界。
この業界では電車が事故などで1分1秒でも遅れた場合、人々の生活に多大な影響を及ぼします。
その為、問題発生時は、馳 参治朗をご活用の上、現地の協力業者と連携いただいており、
本部にいながらの明確な現状把握、復旧指示を実現されております。
「いざ!馳 参治朗」により、1分1秒でも早いダイヤ復旧が実現できる体制を構築されているのです。

製造業(産業用機械、設備機器)

活用シーン2
​製造業 または設備業、建設業など様々な業種で現場と責任者、そして本部まで現地の情報が
リアルタイムで共有できます。 これにより、今までは電話のやりとりで長時間必要だった
現場状況の把握が、短期間で実現できます。
また新人を派遣した場合でもしっかりとしたフォロー体制を構築できます。
「いざ!馳 参治朗」により、御社の務時間の最適化をしっかりサポート致します。

その他(緊急会議、遠隔OJT、店舗管理)

活用シーン3